BLOG

記事一覧

国立西洋美術館2016.07.19

takarano

ファイル 777-1.jpgファイル 777-2.jpgファイル 777-3.jpgファイル 777-4.jpg

長い間の悲願がようやく叶い、
国立西洋美術館が世界遺産に登録されました。
おめでとうございます!

私も幼少の頃から父母の展覧会のために毎年通った上野で、
物心ついたときから国立西洋美術館は憧れの場所でした。
モネの睡蓮を観たりオランダ絵画が好きだと思ったり、
ともかく最初に西洋の美術に触れたのはこの美術館。
当時は「西洋」という言葉の響きさえ夢みたいに感じましたもの。
今もたまに行きますけれど、子供の頃を思い出す懐かしい場所でもあります。
ル・コルビュジエの建物は昔も今もモダンで美しい。

実はロリケィトメンバーのしもっちこと下田泰也氏は、
「ル・コルビュジエ財団とのデジタル領域における全世界配信権をはじめとした、
建築資料のアーカイブ構築・ライセンス運用を行う会社」
Echelle-1の社長さんなのです。なので結構いま忙しいのでありますよ。
ロリケの誇り!
この「国立西洋美術館−−ル・コルビュジエの無限成長美術館−−」
という本もEchelle-1から出版されました。
http://www.echelle-1.com/


というわけで昨晩は、
おめでとうしもっち!& Lolicate3号)の為の会合を開いて
夜の神楽坂で飲みケイト、でありました。

みたままつりへ2016.07.18

takarano

ファイル 776-1.jpgファイル 776-2.jpgファイル 776-3.jpgファイル 776-4.jpg

土耳古で戒厳令が布告されたとのニュースを聞いた日の夜、
私はバイブル撮影を終え、
カイエさんとカメラ係のTちゃんと
タクシー飛ばして靖国神社みたままつり最終日へ。

はじめてみたままつりに来ました。
雪洞も様々な方々が奉納されていて、
境内には黄金に灯る献灯がたくさん。
英霊を敬う心が、ここに集まっているのだと感じました。
この想いをみなが持っている限り、
何があろうとこの国は大丈夫なのだと
そんなふうに思います。
「永久戒厳令」という壮大な曲で、
脈々と続く民族の血を歌ったばかりですが、
次のA級大和ソングはもう一度、かの「鎮魂頌」のような、
鎮魂の歌を歌いたいと強く思う私でありました。

靖國神社みたままつり2016.07.12

takarano

ファイル 775-1.jpg

今年もみたままつりの頃となりました。
明日13日から16日までです。
お出での方は、私の奉納雪洞も探してみてくださいね。

本当は「永久戒厳令」の歌詞を書きたかったけれど
間に合わんかった・・・。
なので今年は「陸と海と空と」の清書、です。

私も行けたらいいのだけど!


靖國神社みたままつり

7月13日~16日 午前9時~午後8時
(社頭参拝は、午前6時から午後9時30分まで)
http://www.yasukuni.or.jp/schedule/mitama.html

en été2016.07.10

takarano

ファイル 774-1.jpgファイル 774-2.jpgファイル 774-3.jpgファイル 774-4.jpg

A級ジャッケット公開されましたね。
もう少ししたら、少しずつ曲解説をしていこうと思います。
これまでなかったような曲もあるんですよん。
限定盤には「快楽のススメTOUR」のDVD ( 9曲)も付いているし
通常盤にはNewVersionの「妄想水族館」も収録だし
たくさん楽しめることでせう!

でもまだ制作は終わってないのだ。あと一息。
リリースは8/24。


GOLDEN衣装仕様のゴールドネイルから、朱色の金魚ネイルへ!
かわいい金魚を描いてもらいました。
(3本以外いまだ自爪ジェル)

そしてちょうど一年前、
「快楽のススメ」の共演者の蛇さんに合わせたゴールドヘア
いまだ飽きない(笑)。だって楽なんだもん。
最近三つ編みウェーヴにはまっているので、美容師さんにも
巻き巻きではなくそれっぽいウェーヴにしてもらいました。

今月後半からは、美術館や催し物や行きたいものがたくさん!
いよいよ真夏。

共月亭で逢いましょう2016.07.07

takarano

ファイル 773-1.jpgファイル 773-2.jpgファイル 773-3.jpgファイル 773-4.jpg

今年も七夕の日がやってきました。
こんなに晴れてるなら天の川が見られるかしら。
今日でデビュー24周年。
20周年の「快恠奇奇」から4年も経ってるのね!
時の流れが速すぎて止まってるみたい・・。

昨日は数年ぶりに入谷の朝顔市へ。
鬼子母神でかわいい紙の朝顔もゲット。
昔買ったのも探せばどこかにあるはず。
まだ着てない新しい豆千代浴衣に合わせて水色にしたの。

そしてこれも久方ぶりに鶯谷の寿々喜で煎餅を。
中毒化するので危険だけど!
ほんとうううに美味しいんですのよ。

これもまた久しぶりに着た白づくめの(金子功時代の)ピンクハウス。
道行く人に幾度となく「おにんぎょうみたい!」と
これもまた久々に言われました(笑)。

黄金の孔雀2016.06.29

takarano

ファイル 772-1.jpgファイル 772-2.jpgファイル 772-3.jpg

梔子の匂いが混ざる梅雨の大気。
湿気に弱い今日この頃ではありますが、
先日、殿・つよぽん・ゆうくんの四人組で
たらふく飲み食いしたあとに
銀座のど真ん中で卓球をしたという…。
なぜ卓球!(笑)

とりあえず昭和の子供としては普通に卓球はできるんです私も。
でももっと上手だったのになあ!

それはそうと、発売を待ち焦がれていたルブタンのコスメ。
アクセサリーにもなるルージュ。色は濃厚なるREDにしました。

いつも銀座はひとりで行くのが多いので
なかなか「銀座と私」写真が撮れないのだけど、
今回はつよぽんが激写してくれました。
松屋のウインドウの黄金の孔雀。

そーーいつか孔雀と写真撮りたいのよねえ〜。

チョウチョを纏う20162016.06.22

takarano

ファイル 771-1.jpgファイル 771-2.jpgファイル 771-3.jpgファイル 771-4.jpg

ちょうど一年前、
けらくオケ録りの時に初めて着たあちゃちゅむチョウ羽刺繍ワンピース。
新しいお洋服を買ってもらった子供の時の嬉しさを思い出すような
不思議な服でしたが、今年バージョンも登場!
羽は胸元に。黒いのと麻の全面羽プリントの2種類。

蝶が苦手な人に見せたると「うげぇー」
蝶が大好きな人に見せると「うわぁー!」となります。

先週のA級ジャケ写撮影の折には、
蝶マニアのヘアメイク橘ふーちゃんと盛り上がりました。
「Les Papillons」の時は蝶々衣装を着たわけではないし、
いつか蝶々の羽がたぁくさんついたドレスで撮影したいわね〜、
蝶々飛び交う熱帯の森か植物園で撮影とか!etc

あ、でも白い蛾みたいなのにはなったっけ。
森の中も飛ばせてもらいました。

ふーちゃんは蝶々好きが高じて、最近は蛹から育てているらしい。
もう何匹も。
画像は最新の美容師業界の雑誌の表紙を飾った、橘房図ヘアメイク。


昨日は去年のチョウワンピースで“胡蝶”が出てくる歌をうたいました。
まったくロマンチックではない「蝶」という言葉の使い方。
A級アルバムは、そういえば情緒的浪漫度は、ゼロ、かも(笑)。

孔雀仙人掌2016.06.14

takarano

ファイル 770-1.jpg

帝都東京はもうほんとに恥ずかしいことになっていて
毎日腹立たしくニュースを見てます・・。
いくらなんでもここまでみっともない政治家もいないわよね。
さっさと辞職して切腹しろって感じ。
こんなセコい奴なら堂々と腹黒い方がずっとマシ。


あら私、腹、という字を三度も使った。

じゃあついでに、
最近ジムがハードすぎて腹筋さえ筋肉痛。。

ハードに感じるのは、ずっと部屋に籠もりがちだし
外に出ても車ばかりで、運動してないからでせう。
来月からは活動的になりたひものです。
浴衣も着たりして。

この浴衣、ヒガンバナって書いてあったけど、
どう見ても花は月下美人。クジャクサボテン。

幽霊みたいな曼珠沙華の着物が欲しいなぁ。

en Juin2016.06.10

takarano

ファイル 769-1.jpgファイル 769-2.jpg

なんと。十日ぶり。
ここずっと非活動的な制作日々なので特筆すべきこともなく(笑)。

先日はストリングスのRecordingしましたよん。
つよぽんゆうくんと久しぶりに会って、とっても嬉しかったのでした。
その日は、私が自分で“現代詩+現代音楽”とカテゴリー分けしている
「快恠奇奇」「形而上的な、蝶になる」「アタラクシア、そして対峙する自己」
に続く曲を歌いました。
現代音楽風というよりも、「薔薇架刑」ぽいかなあ。
そう考えると、「薔薇架刑」も、このmy categoryに加えてもよいのかも。
つよぽんアレンジだし。難しいし、歌。

勇侠会ではTOURの先行発売中ですね。
今回は、毎年の反省を踏まえ、
アルバムリリースから一ヶ月以上空けることにしました。
リリースすぐにコンサートより、
複雑な新曲たちにもう少し馴染んでもらってからの方がよいのではと
ずっと思っていたので。。
地方は平日の日もあったりしてしまうのですが。

しかーし、皆の者!戒厳令に平日も祝日もないのだ!
(笑)。

来週はジャケット撮影。くふふ。

写真は、ゆうくんから殿とダリちゃんへのボストン土産
でかふわロブスターのREDくん。
BOSTON UNION LOBSTER HOUSEのリボン付き。

Les chapeaus d'été de cette année2016.05.30

takarano

ファイル 768-1.jpgファイル 768-2.jpgファイル 768-3.jpgファイル 768-4.jpg

これだけツバが広いと、肩まで日陰になります。

ピンクのリボン付きはボストンで。
ANIME BOSTONの会場の隣のモールを夜に通ったときに
とある店のウインドゥに飾ってあって一目惚れ。

薄ピンクのは今年のDaTuRa。
文字入りのはlilLilly。“邪魔しないでちょうだい”
いちばん大きいのは数年前に買ったまま使ってなかったMARC JACOBS。

内側の紐で調節して風に飛ばないようにできるのもあるけど
脱ぐと、おでこがリカちゃん人形みたいな生え際に〜。

嗚呼、5月も終わり一年も半分過ぎてしまう。矢のごとし。

来週はA級的アルバム、ストリングスのRecording!

ページ移動