BLOG / 2017

2017.04.25バベルの塔に昇る、の巻

私の心はまだエッフェル塔なのに!?
今月の日本美術と西洋美術を愛する会は「バベルの塔展」へ。
M嬢は私がパリに行ってる間にタラ夫さんと仲良くなったらしく
内覧会で観たとのことなのでT嬢とふたりで。
 
T嬢はヒエロニムス・ボス没後500年記念にオランダのボス村まで
出かけて行ったほどの幼少期からのボス愛好者、かつブリューゲル好き。
この日はもちろんジュリエの快楽の園ワンピ。(私も快楽TOURで着たやつ)
私ももちろんどちらも大好き!
バベルの塔はウィーン美術史美術館でも二回観たもんね。
 
でも東京に来たのはボイマンス美術館所蔵のもので、ウィーンの四分の一の大きさです。
小さくてあまりに細かいので、それにまま混んでいるし、
とても肉眼でじっくり見るというわけにもいかず。
でも部分拡大パネルがあって、助かりましたわよ。
ここにこんなのが描かれてるんだーなどなど感心しきり。
バベルの塔にたどり着くまでには、これも細かいブリューゲルの銅版画がズラリで、
可愛いぃぃすぎる可愛いものたちが密集。
タラ夫さん(今展の公式キャラクター?)もそのうちに一枚にご登場。
私はタラ夫さんより釘刺し鳥?が好きなタイプでした。
ヒエロニムス・ボスは、世界に25点しか現存しない油彩画のうち2点(1枚は「推定」)、
10点しかない素描のうちの1点、と助手たちのボスまねっこ絵も並んでいます。
最初の方はネーデルラント画家たち。特徴的な天使とカタリーナ押しに注目する私たち。
 
はぁ。。パリもまた行きたいけど、ベルギーもいっかい行きたい。。
 
芸大美術館では芸大生が作ったバベルの塔模型があるので、ぜひどうぞ!
 
私もバベルの塔で働きたし。
 
ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝〜ボスを超えて
東京都美術館で7月2日まで!
その後大阪にも。

 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^