BLOG / 2016

2016.07.31日本の夏・妖怪の夏編

日本美術を愛する会、この夏のお愉しみ妖怪DAY。
まずはサンシャインの「体感妖怪アドベンチャーGeGeGe水木しげるの大妖界」。
昭和の子供の原点はやはり鬼太郎です。
そして私の可愛いものの原点である「墓場の鬼太郎」の赤ちゃん鬼太郎と
このたび念願が叶ってのツーショットと相成りました。(萌)
さすが体験妖怪アドベンチャー(笑)、撮影スポットたくさんあって楽しいです。
T嬢はグッズ売り場で散財。
仕事で来られなかったメンバーM嬢にも、目玉のおやじヘアクリップをおみやげに。

体感妖怪アドベンチャーGeGeGe水木しげるの大妖界
池袋サンシャインシティ 8月29日(月)まで

そして江戸博物館の「大妖怪展」。
「百鬼夜行絵巻」「六道絵」「土蜘蛛草紙絵巻」などをじっくりと見て
どっぷり浸る真面目な妖怪世界。
“妖怪は、日本人が古くから抱いてきた、異界への恐れや不安感、
 また"身近なもの"を慈しむ心が造形化されたものです。”
ビジュアル的に美化したゴシックホラーも好きだけれど
やはり心にあるものは日本の妖怪たち。
熊本城の奥の薄暗がりや昔話を語る曽祖母の声音の中に
いつも感じていたあの気配を、
大人になったいま、絵師達の力を借りて眼裏に映し出す、この幸せ……。

幽霊画コーナーでは、罌粟の花と描かれた幽霊がうっとりと美しかったです。
あの掛け軸を床の間に飾った部屋で眠りたひ。

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで
東京江戸博物館 8月28日(日)まで。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^