BLOG / 2008

2008.04.13陶酔bibliothèque

東京では桜もすっかり散り、木の芽時の季節となりつつあります。
萌える緑はうっすらと毒を秘めているので、気をつけましょう。

さて、このところ不眠気味の私はいつになく本をたくさん読んでいます。
大切な本は誰にも教えたくないのですが、あまりに素敵な作品を見つけたのでご紹介。

「ヘルマフロディテの体温」小島てるみ
 ランダムハウス講談社

ナポリを舞台に、男でもない女でもない真性半陰陽やトランスセクシャル、女装、カストラートを描きながら、「生命」と「生きる」ことを美しく神秘的かつ精神的に語る、うっとりするような物語です。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^