BLOG / 2016

2016.04.25「若冲生誕300年記念展」

東京では若冲展が始まりましたね。
日本美術を愛でる会三人組で最も混まない時を協議した結果、
初日金曜日の夕刻へ。けれどやはり館内はかなりの大混雑。
動植綵絵は混み混みすぎて何点かしか下部まで見られず。。

翌日再び上野へ。
辻惟雄氏、ジョー・プライス夫妻、司会山下裕二センセイの講演会。
若冲とプライスさんの運命の出逢いエピソードの数々にお鼻が熱くなりました。
そして辻先生は、若冲は至近距離で観よ、
プライスさんは、絵が語りかけてくるまでじっくり観よ
とおっしゃるのですが、あのような混雑では…。
ところがその日閉館間近に入館してみたところ、なんと!空いている!
まずは入り口すぐの、憧れの“透けた百合”の前に再び立ち、
動植綵絵30幅を一点一点T嬢の解説とともに眼鏡をかけて細部まで
観る観る観る。禽たちの羽羽羽根。花虫蝶茎枝葉雪岩水魚、また羽羽羽根、
鶏冠、目玉、足、鱗、つぶつぶ。
間近で見たあとに全体を見ると、また違ったふうに感じるのです。
若冲の魅力威力を堪能の二日間でした。

というわけでこれから行かれる方、閉館近くの入館をオススメいたします。
東京都美術館を入ったところに「鳥獣花木図」のCGスクリーンがあって
動く動物たちがとっても可愛いですよ。

若冲生誕300年記念展」東京都美術館

この先少なくとも10年はこのように全幅揃った陳列はないだろうとのこと。
5月24日まで。

この日、T嬢は群鶏図帯、私は白鷹図刺繍帯でした。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^