BLOG / 2010

2010.06.07Manet et le Paris moderne

自由業の身なのになぜ
日曜日に美術館に行ってしまうのだろう……。
4月に丸の内にオープンした三菱一号館美術館は
それこそ人様が働いている時間に訪れて
のんびり見回りたい貴族の邸宅のようなミュゼです。

子供の頃になぜかとても好きだったマネの「ブラン氏像」
(今調べたら西洋美術館所蔵となっているのだけど
ブリヂストン美術館で観ていた記憶は間違い……?)もあり
久しぶりにご対面。

マネの黒は素敵だなぁ、黒があっての色彩だなぁ
と思いながら建物を出ると、
中庭には盛りを少し過ぎた薔薇たちの淡い色。

雨が降ったら、
この小さな人工のお庭を眺めに来ようかな。
向かいのカフェへ。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^