BLOG / 2017

2017.06.15Je lis ce livre

いつまでも私の大好きな本「バルザックと小さなお針子」の訳者、
新島進さん訳の、ジュール・ヴェルヌの短編。
フランス語お勉強本でもあります。
 
遠く不思議な村の教会から
パイプオルガンの音が響いくるかのよう!
 
「レのシャープ君とミのフラットさん」
大学書林語学文庫 ¥1700
 
私には難しすぎるフランス語ですが、
各ページに注釈があり、読んでいるだけでも為になります。
仏語専攻の方も、そうでない読書好きの方もぜひどうぞ。
まだ見ぬ素敵な本をお探しの方も。
 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^