BLOG / 2017

2017.03.04稚児冠偏愛

毎年三月三日に箱から出して手に取る稚児冠。
お人形にかぶせたりして少女心に戻るひととき。
 
私のお雛様もこんな稚児冠を付けていて、
子供心に(ものすごく!)自慢だった。
当時の雛人形の主流は三人官女みたいな小さい冠だったから。
誰もこんな豪華なの持ってなかった。
 
その後も、小さな弟と一緒にお宮のお稚児さん行列に参加したりして、
自分で稚児冠をかぶり、
 
大人になって、ステージ衣裳として使いました。
「汎新日本主義」の時。
 
そこまでは良かったのですが……。
 
去年のアニサマの時に、
黒い羽なんか付けて邪悪仕様にしてしまってごめんなさい!(ノ_<。)
 
お詫びに卑弥呼外伝では白い羽に付け替えて、
海を渡ってきた天上人の冠にしました。
 
ちっともお詫びになってないですけど。。
 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^