BLOG / 2017

2017.01.08Cranach、Pierre-Auguste Renoir、梅原龍三郎

昨年見損なった国立西洋美術館「クラーナハ展」と
三菱一号館美術館「拝啓ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え」へ。
梅原龍三郎氏は春陽会創立時のメンバーでもあり
私は赤ちゃんのときに頭を撫でられたこともあるのであります。
 
中世ルネッサンス絵画の世界も、ダリのような先鋭的才気も、
ラファエロ前派や唯美主義の美しさも、
目の当たりにすればそれぞれに魂を惹かれるけれど
 
ルノワールやモネやマネや、印象派の絵を観ていると、
本来、人は空と樹々と草花と、そして光、光、
これさえあれば幸せでいられるのだということが思い出される。
そんな気がします。だから印象派は人気なのではないかしら。
もう誰もそんなふうに生きられないもの。
 
梅原龍三郎はルノワール先生がほんとうに大好きだったのね。
 
私は若い頃にパリに留学していた画学生たちの青春を知り、
我がことのように感じるのが大好きなの。
そんな意味でもこの展覧会はよかったなあ。
ギリギリに行ったのでお薦めすることができず残念ですが。
 
クラーナハ展では、山下裕二先生の生徒で
勇侠会会員でもある人と遭遇。
彼は二度目だそう。勉強熱心で偉い!
 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^