BLOG / 2013

2013.07.10Fräulein Rose

「私の薔薇を喰みなさい」のカップリングその1は
「Fräulein Rose(フロイライン ローゼ)」。

これは一期「ローゼンメイデン」の一話目のタイトルでもあるんですよ。
そこまでピンとくる方はかなりのローゼン通!
フロイラインはマドモワゼルのドイツ語。
私がこの言葉を知ったのは遥か昔、萩尾望都の「トーマの心臓」でだったなあ。
あと吉祥寺にその名のアンティークなカフェがあって好きだった。
美術学校時代よく通ったものです。もうなくなっちゃったけど。

この曲は、歌詞の中に7人のドールの名前(漢字)を散りばめています。
ローゼンを知っている人はパッと歌詞見たらわかると思うな。
そして、内容は人形=乙女で、新訂版の5巻特別編に私が寄せて書いた
「薔薇獄乙女、或いは匣の中の少女」にも通ずるものもあるような。

音楽は、賛美歌コーラス隊もの、ボサノバチック、ポップス風な三つがつながっています。
歌い方も声の雰囲気もそれぞれ少しずつ変えました。
可愛く不思議な仕上がりになっています。
アリプロ的にもこれまでなかったような……。


このCDにはもう一曲入っているので
次回はそれについての秘密をお教えしましょう。


・・・・・・・
この写真の服は、1900年代のアンティーク!
昔の生地やレースって、繊細そうに見えて実は丈夫なんですよ。
これは特に状態が良いもの。
今日は知り合いのアンティーク屋さんに、撮影に使うあるものを
お借りするために伺ったので着てみました。
レースの白い服に合わせるのは、黒い靴下と黒い編み上げブーツというのが
私の中の鉄則です。夏には暑いけど・・。

何を借りたのかは、それもまた次回。
もぉ、とってもとっても素敵なもの!
ドキドキしちゃう!


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^