BLOG / 2015

2015.03.21「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村展」

久しぶりに東京ミッドタウンへ。
いまは館内はサクラ特集な風情。
あちこちのお店に桜ドリンクや桜グッズが。

(しかしRESTIRがなくなってて残念。でもすぐ近くにOPENしていたもよう)


さてサントリー美術館では
「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村展」が始まりました。
この二人は同じ年生まれでご近所同士。
でも交流はなかったとか。
日本画に造詣の深い同行T嬢は
蕪村の銀箔の山水図屏風がずっと観たかったらしく
(これほど綺麗に銀箔が残っているのは珍しいとのこと)
いたく感激しておいででした。

年代順に飾られた薄暗い室内を、
T嬢から小声で解説を受けながら巡る若冲と蕪村。
贅沢な愉しい春の始まりの宵でした。


5月10日まで。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_2/index.html


今年は次は、
東京藝術大学「ダブル・インパクト 明治ニッポンの美」
国立博物館「鳥獣戯画展」、三菱一号館美術館「河鍋暁斎展」
が待ち受けていて、大変楽しみなのであります。

個人的に暁斎展は盛り上がるなぁ。
「地獄太夫」またやりたいもんなあー(笑)。
今度はマルガリータ並みに細部まで完璧に!


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^