BLOG / 2016

2016.05.02「われに五月を」

もう、五月。
時の経つのはなんと早いこと。まるで空を飛んでゆく、龍のごとし。

昨日はJour du muguetで、フランスでは鈴蘭の日。
なのでちょっとスズラン柄の服を着てみました。髪の色がお揃い。
大好きな衣装もスズランのドレス。
昨年のソワレと、「繭百合、骨百合」の表紙でも中でも着たのでした。

そういえばデザイナーのKエさんが先日、
近隣の藤の名所を教えてくれたので、
一緒に写真撮りに行きたかったけれど、行けそうにないやぁ。。
藤棚の下で藤の着物で撮影会、は来年かな。。
藤の薫りも、それまで私には未知なる世界。

お花ついでに。
最近、夏帯の柄で、ハマユウの花を初めて認識して、
たぶん見たことはないのだけれど、とても心惹かれる。
浜木綿、と書くと、夏の爽やかさっぽい雰囲気がするけれど
ヒガンバナより幽玄なのではないかと勝手に想像するのは
まあ、その帯の刺繍の見事さからかしら。(一度見たきり…)
青空よりも夜の波音に響き合う白、という気がする。
浜万年青(ハマオモト)、という名もあるのね。
そっちのが似合う。

さて「われに五月を」というのは、寺山修司の詩集(作品集)のタイトル。
三回忌の命日、一九八五年の五月四日に出版されたもの。
私に詩人の心を授けてくれた人。
五月の空を見上げると思い出す、言葉の在処。

ああ早く、
私は自分の言葉を歌いたいのだ。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^