BLOG / 2014

2014.12.21ウィオレッタの靴

先週は久しぶりに数日間ゆーっくりした気分。
あとはソワレの選曲と、ストリングス譜面の整理と、
そして指揮者とコンサートマスターの方達との打ち合わせ。
今回のコンダクターは、普段ミュージカルをやられている方なのですよ。
とてもとても楽しみ。

久しぶりの「月光ソワレ」。
Violetta Operetta以外の演奏曲を選ぶのに、
以前の曲をいろいろ聴いてみたのだけど、
すっかり忘れているものもあったりして。

でもどの曲もどの曲も綺麗で綺麗で、なんだか泣けてきちゃった。
そしてこう思ったの。
私が死んだあともずっとずっとこれらの楽曲(音源)が残って
いつかの遠い未来に誰かが聴いて
ああ綺麗な音楽だと、今日の私みたいに泣いてくれたら、いいなぁって。


いえ、ほんとは、いいなぁ、ではなく、
そんな人がいる、というのが分かる、不思議な気持ち。

私には遠い昔々のことと同じくらい、
遠い未来のことが懐かしいのです。


写真は紫のリボンを結んだヴィオレッタの靴。
My Shoes Collectionの中に、
Rene Caovillaの美しいパープルのサテンの靴があったのだけど、
ヒールが低すぎて撮影にはいまいちでした。
でもMy Toeshoes Collectionには何故かちゃんと紫のがあって
それはジャケット・ブックレットの写真の中で履いてます。
カラートゥシューズって特注でないと作れないのに、
なんで私いろいろ持ってるのかしら〜。バレリーナでもないのに(笑)。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^