BLOG / 2012

2012.10.08ようこそ、わが宮殿へ。

そのキャッチコピーのチラシを見つけたときから
この日を待っていました。
「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」

オーストリアとスイスの間にある小さなリヒテンシュタイン侯国。
その侯爵家が500年に渡り収集してきた絵画、美術品を
日本で初めて公開。
ルーベンス、ヴェン・ダイク、レンブラント、ラファエロetc。
絵画の他にも、「バロック・サロン」と名付けられた最初の間では
侯爵家の「夏の離宮」の調度品や彫刻も並べられ、
真上には天井画もそのまま嵌め込まれています。
(なので上を見るのを忘れずに)


私がとてつもなく好きな、ベルギー・オランダ絵画のヴァニタス画が何枚もあったし、
ルーベンスの愛娘の小さな肖像画の実物もようやく見られたし
やっぱりルーベンスはよいなあ。
一瞬のうちに神経が(気分が、ではなく)高揚するのは
あ、ルーベンス、と目に飛び込んでくる、あの「色」のせいなのでしょうかしらねぇ。
それと、レンブラントの天使の絵も初めて知りました。
28歳のときの作品。
キューピッドにしゃぼん玉を作らせて
愛のはかなさを描いているのですって。

ウィーンにはまた行きたいと思っているので
そのときはぜひ郊外の「夏の離宮」へ行き、
そしてリヒテンシュタイン侯国にも入国したいと思います。


あーー過剰な装飾に囲まれると実に落ち着く!!
現実として「ようこそ、わが宮殿へ」と言ってみたいであります。


新国立美術館で、12月23日まで。
この秘宝たちは、京都と高知にも行くようですよ。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^