BLOG / 2013

2013.02.09宮木あや子「太陽の庭」

ずっと前にここにも載せたと思うのだけど
宮木あや子さんの小説「太陽の庭」が文庫化されることになりました。
なんと帯文はわたくし宝野アリカです。
そして解説は皆川博子さん。

私がひっそりと大切に仕舞うようにして大好きだった服部まゆみさんの
亡きあとを継ぐのはこの宮木あや子さんだと密かに思っていたので
帯文を書いてほしいとお話をいただいたときは、すごく嬉しかったのです。

私の賛美の気持ちを短い文に込めました。

20日に集英社文庫から刊行になるので、ぜひぜひお求めになって
私と同じようにうっとり読んでくださいね。


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^