BLOG / 2017

2017.03.13月光ゆりね

先月、卑弥呼MVの編集で近藤監督宅にお邪魔して、
ディレクターK氏と夕食に出かけた近くの絶品焼鳥屋で
オススメに出された百合根。
 
なんと、生で食べられるという珍しいもの。
その名も月光ゆりね!
 
子供の頃は、百合根は綺麗な青い色の慈姑と共に、
お正月に食べる特別なもの、でしたが
大人になってからは和食や、
ヌーベル・キュイズィーヌなので時々いただいてはいたものの、
生で食べていいなんて初めて。
 
その味は、梨のような、甘み。
生食用の白いトウモロコシの、もう少し厚みのある味わい。舌触り。
静かで爽やかなのに奥行きのある、大変美しい味なんです。

わぁ、これは私のすごく好きな味!
 というわけで一口で虜になってしまったのでした。
その間、同行二人の話が耳に入らなかった、ごめん。
 
その後、調べたところ、帯広の一件の農家だけで作られているもよう。
月光ゆりねと白銀ゆりね。
(片倉の殿のご実家方面ではありませぬか!)
 
さっそく取り寄せて、毎日ひとひらひとひら囓っているところです。
ああ美味しい。。
 
(特に生食を推奨しているわけでもなさそうですが)
 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^