BLOG / 2018

2018.05.05十二羽の鷹

あまりにも良い天気なので、
とても見たかった十二羽の鷹のためにお出掛け!
東京国立近代美術館工芸館へ。
 
東京国立近代美術館て、あまり来た記憶がなくて、岡本太郎展以来……?
そ、そんなにか? 
車ではこの辺りはよく通るのだけど。
しかも工芸館は初めてであった・・。
こんな瀟洒な建物とは!
 
 
「十二の鷹」は、明治の金工家・鈴木長吉の作品。
昨年の東京藝術大学美術館「ダブル・インパクト展」では
「水晶置物」が展示されてましたね。
まさに超絶技巧。
 
触れたくて仕方なかった。。
 
他に平田郷陽の人形があって感激。

そのあとはさらりとMOMAT展を。
一枚のセザンヌだけ、どうしても観たかったので。

東京国立近代美術館工芸館にて
5月27日まで。
 


※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^