BLOG / 2017

2017.05.28小説「蜜のあわれ」

開かずの書棚から見つかった、
私が金魚熱病に罹る何年も前に買っていた本。
 
室生犀星のこの小説を読んだのは遅ればせながら
「赤い蝋燭と金魚」を歌ったあとで、
Kindleだったのだけど、
こんな美しい書籍を忘却していたなんて、
私のなかの金魚たちに申し訳ない。
 
写真がとても、気品のある美しさなのです。
 

 
「赤い蝋燭と金魚」は、
『血と蜜〜Anthology of Gothic Lolita & Horror』の
Gothic Horror ver.に収録しました。
 
今年もまた、金魚熱の夏がやってきます。
 
 
「蜜のあわれ」
室生犀星:著/なかやまあきこ:写真
小学館 2007年発行
 


当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくためには Adobe Flash Player(9)以上のプラグインが必要です。 プラグインされてない方は下記よりダウンロードしてください。 Adobe Flash Playerのダウンロードはこちら
※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^