BLOG / 2017

2017.09.02BELGIUM LOVE×××

もう先週になってしまったけど、
日本美術を愛でる会ではいつものようにT嬢と美術展はしご。
まずは三井記念美術館にて「地獄絵ワンダーランド」。
実体験は死んだあとの事なので、いまは存分に楽しむ地獄美術。
のんのんばあから六道地獄絵図、閻魔様に菩薩様、
へたうまゆるぢごく絵から白隠和尚の「南無地獄大菩薩」まで、
楽しゅうございました。
でもラストの“憧れの極楽”の菩薩来迎にはぐっときましたわよ。
私ももっと良いことをして、迦陵頻伽になりたひと思いました。
到底無理ですけどそう思うだけでも、少しはマシでしょう。。
 
母が子供の頃、熊本の家の近くのお寺に、地獄絵図が掛けられていて
それはそれは恐ろしかったのですって。良い子でいなきゃと思ったそう。
館内で、お父さんお母さんに小声で説明されながら
神妙に見入っていた坊や二人を横目に、そのことを思い出しました。
 
次はBunkamuraミュージアム「ベルギーの奇想の系譜展」。
ボスを追う世界旅をしたいT嬢、「快楽の園」を観に行きたい私。
ボスもブリューゲルもだぁいすき。かわいい妖怪だぁいすき!
クノップフもアンソールもすきだしもぅベルギー愛してるぅ
と回っていたら、吸い込まれるような1枚の絵が……。
私は昔から何故か“深い暗い緑色の沼地”のイメージに惹かれるのですが
まさにそんな緑色の絵。
森の中の湖に浮かぶ一羽の黒鳥。
ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク。
帰ってすぐ他の作品も調べてみたところ、
なぜ今まで知らなかったのこんなに心惹かれる画家を……。
でも新しい宝物が増えた気分。ヌンクを追う旅に出ます。
 
さてその日はランチにベルギービールと熟成肉、
休憩にはパナシェとベルギービール
そして夜には、ふわふわなムール貝(国産)とベルギービール、
という正にBelgium愛の一日でした。
 
実を言うと、
ベルギーはたった一日ブリュッセルを回っただけなのに
世界一好きだと思っている国なんです……。
そんなんじゃ説得力ないでしょうけど。
 


※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^