BLOG / 2019

2019.12.16美術展2019

日本美術を愛する会として今年は山下先生追っかけ活動も地味だったけれど、
「山下裕二×成相肇トークバトル美術展ゆく年くる年2019年のベスト&2020年はこれが来る!」
というのに行ってきました。
お二人のご意見はなかなかというかほとんど一致せず、おもろかった!
私はやはり先生派だけど。
T嬢はマニアックな成相氏嗜好にちょっとぐっとしたもよう(笑)。
東京ステーションギャラリーの方なのね。
私けっこう行っています!
 
今年もたくさんの展覧会があったけれど、私のベスト1は
「コートールド展」ね。2位は「キスリング展」で
3位「奇想の系譜展」。4位は「松方コレクション展」
アカデミックすぎる。。
 
六本木の現代アート展は、SNS映え作品で人気を博したらしいけど、
そういうのってまったくどうでもいい…。
でもそんなこと言ってないで2020年は
もっと色々なものを観に行こうかなあ、なんて思います。
オリンピックのせいで大々的な展覧会は行われないらしいし!
ばかみたい。
くだらないモノの弊害がここにも。
 
とりあえず来年の期待は西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」と
江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」。
そして一年後の今頃は、東京ステーションギャラリーの
「ハリー・ポッターと魔法の歴史」を楽しんでいることでしょう。
私、マグルじゃないし。
 
そういえば!
トークバトル会場でお会いした山下先生の教え子である勇侠会員のX君、
前回はお目に掛かった時は就職活動中でしたが
美術関係の就職が決まったとのこと!
おめでとうございます!
14歳でアリプロに出会い、美術の道を志したという
まさにアリプロチルドレン。
申し訳ないような、いえとても誇らしいであります。
これからの美術業界を背負って頑張ってくだされ!
 
 
今年ラストは、金色のイチョウの葉舞い散る上野公園を散歩し、
「ミイラ展」で締めた私であります。
留まった永遠。
即身仏には、この世の何もかもが敵わない気がする。

ガチャでねこみいら欲しかったけど、デコスカル。
本物の骸骨に絵を描いてるのよ。
羨ましい。
死んだあとも飾り立てられるなんて
究極の理想だわ。
 


 

※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^