BLOG / 2018

2018.12.17Bonnard、heureux

  • LautrecみたいだけどBonnardの方が先!

好きな画家は?と訊かれたら咄嗟にルドン、フジタ、バルテュスと答えるけれど、
ロセッティなどのラファエロ前派もヤン・ブリューゲルのようなオランダ絵画も好きだし、
ルーベンスやベラスケス、はたまた暁斎や狩野探幽、とも言いたくなるし……。
 
でも、ふと、ああいいな……と見るのは、実は何故かマティスの油絵だったりして(……)、
なので室内や窓の向こうに見える景色を描いた美しい色彩のボナールの絵にも同様に、
素直に素直に安らぎます。。
ものすごく強烈に感じたり、掻き乱されたり、涙があふれそうになったり、
イメージがどんどんふくらんだり、そんなふうに見ることのない心平穏な芸術。
本来絵画とは、幸せであるべきだと思う今日この頃。
 
ボナールは、浴槽の妻をたくさん描いていて、妻マルトは病弱だったり、
ボナールの恋人は自殺したり、どんな画家も人間くさい人間であるからこそ
美しいものを生み出す、というふうに私は思うけれど。
画家の人となりやその背景を知れば、絵の見方が広がり深まるとはいっても、
何の先入観なしで見る方がいいんじゃない? その裏にある葛藤や
暗がりなんて知らなくてもいいじゃない、と思う今日この頃。(笑)
 
というか、どんな人でも、どんなに永く生きても
心のほんの僅かな一部、純粋なまま残っている部分があって、
そこにそっと触れられた瞬間の、そこで感じる瞬間の
まったく素のままの“ 至福の個人的幸福感”。
それがあるから生きていられるのだわ。
と、
ボナール先生の絵の前に佇んだ私でありました。
残されている画家の生活映像も、訳も無く(本当はあるけど)
懐かしいものでした。
 
 
でも本来の私に戻れば、誰かの心の片隅に触れるべく
指先を研ぎ澄まさなければと思ったり。
 お互いの“ 至福の個人的幸福感”の為に。
 
 
ピエール・ボナール展、
1月までやっていると思ってたら今日までだったのね・・・。
 
 


 

※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^