BLOG / 2013

2013.07.17乙女の贖い

「私の薔薇を喰みなさい」のカップリング二曲目は
「乙女の贖い」(おとめのあがない)。

大切な人が、病気になったり怪我をしたりしたら
自分が代わってあげたいと思うでしょう?
でも代わってはあげられないし、何もできない、祈ることしかできない。
そして……。

そんな想いを、「ローゼンメイデン」の、
マスターであるめぐの病室に訪れた水銀燈に重ねて歌ってみました。
口には出さないけれど、心ではきっとこんなふうに思ってるのではないかなって。

何が“贖い”なのかは、歌詞を聴いて考えてみてくださいね。

もしこのテーマでオリジナルアルバム用に書くとしたら
単に「贖い」というタイトルにして、もう少し残酷にしちゃったかも。
でも“乙女”を通した方が、透明に苦しみを表せて
この美しい楽曲には正解だったと思います。

あ、あと一週間でリリース。

私はいま、9月に出すアルバム「令嬢薔薇図鑑」の最後の一曲を
時間を掛けて作っているところ。
この二ヶ月間、いつにも増してそれぞれの歌詞に埋没しすぎて、
なんだかいろんな人生を送ったような気分なの(笑)


 

※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^