BLOG / 2016

2016.03.15Daphne odora

雨上がりの烟ったような朝のジムへの散歩道の沈丁花が盛り。
わがDaphneよ。長い人生いろいろあっても、
花の香りだけは小さな頃と変わらないのだわ。

静かにダフネは
朽ちるだろう
乙女の最後の
季節のように

ソワレアルバムで、この詩を書いたのは12年前(!)。
今ならもっと美しいダフネの歌詞が書けるし、
もっと上手に歌えるなぁ
と思ふ、今年の春の始まりの日。

・・・と、この日記を書いたのは実は一週間前。
今日もまた同じ道を通ったけれど、
まだなお盛り、もっと咲いている沈丁花でした。下の写真。

きゃあもう今月半分過ぎてしまったぁ。
ボストンはもう来週!


 

※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^