BLOG / 2009

2009.11.27Beaujolais nouveau et un livre

毎年Beaujolais は一本飲めばいいという感じだったのに、
今年はとっても美味しくてすっかり中毒。
なんと50年に一度の出来映え、とか。

手当たり次第というほど本を買っても
最近は完読するのは1,2冊。ん〜。こんなことではいけませんね。
で、この菊池英也さんの「闇に眠る骨であるわたし」(パロル社)、
とても気に入ってしまいました。
タイトルと装丁に惹かれて手に取りました。
冒頭から海外の小説を読んでいるよう。
物語は激動ながらも、文体は静謐な川の流れのようで、
「骨であるわたし」の気分がすうっと自分の身体に入ってきて、
息をしないで生きている状態、
を味わいました。素敵。


 

※全てのコンテンツの無断複製、無断転載、再配布を固く禁じます。
上記行為は著作権・肖像権の侵害となり、当会および当会員の皆様の不利益につながります。
禁止行為を見つけた方はこちらよりご一報下さい。
^