BLOG

Débutanteの白い羽根

2021.01.09 2021 NEW

「ダウントンアビー」シーズン4で、
グランサム伯爵の姪のローズが社交界デビューするときに、
頭に白いオーストリッチの羽根をたくさん付けていて、
わぁーすてきぃ、って思ったものでした。(何度も観てるからその度に)
デビュタントのお嬢さん達は全員みな同じに、
付き添いの母親や伯母・叔母たちは、それより少なめに飾っています。
そして女王陛下と国王陛下に謁見。優雅にお辞儀。
 
先日「ブリジャートン家」というのを観ていたら、
時代はダウントンアビーよりちょうど100年遡るのだけど
社交界デビューで同じように白い羽根飾りをしていたの。
もっと長くて大きなのをたくさん!
大袈裟すぎて、こっちのが好き(笑)
ほんとになんて素敵!
シルクサテンに金刺繍のエンパイアドレスも憧れる。
こういうの衣装は着たことないなぁ。
Fantasiaドレスやしろみちゃんくろみちゃんのネグリジェドレスは
ハイウエストだけど。
 
でも絶対着てたはずよね。
前世で(笑)。
ロリータ好きなあなたも、きっと一緒に着ていたと思うわ。
 
羽根は付けた記憶がないなあ。王冠ならあるけど。
そうよね、私は貴族じゃなくて王族だったんだもの。
 
なーんてね。
あは。
 
デビュタントといえば、かなり昔、テレビで
十代?の原田知代さんと他三名(荻野目洋子?女流将棋士もいたような)が
ウィーンに滞在してワルツの特訓を受け、
デビュタントの舞踏会に参加するという夢のような番組を見たのを
いまでも覚えてる。
ワルツの相手が決まって(もちろんオーストリア人の男の子)
ふたりで練習したり、
みんなで白いドレスを選びに行ったり、たぶんザッハトルテを食べたり。
あの美しいウィーンの街で!!
4人とも上品で素敵なお嬢さんたちだった。
 
そういえば私も少しだけワルツが踊れるのよ。
中学生のときに何故か学校で習ったの。男子も一緒に、クラスで。
「ハリーポッター 炎のゴブレット」のダンスパーティーのために
みんながワルツの練習をする場面みたいに。
 

・・・話が逸れたけど羽根よ、羽根。
白い長い大きな羽根飾り。
いつかいつか私が頭に羽根をたくさん付けていたら
デビュタントね!と心で思ってね。
宝塚でも、踊り子でもなく、
デビュタントね、って。
 
約束よ。
だってドラァグたちと並んだら
(いえ、並ばなくとも)
絶対踊り子風味に見えちゃう気がするから……。