BLOG

“ 生きることを貪れ”る時代のために。

2020.07.24

かつてお通夜ライブとも称(賞)された(笑)アリプロコンサート。
全員着席、けして立ち上がらず
掛け声もきゃーきゃーコールもなく静かに
曲が終わるごとに拍手。
ほとんどクラッシックコンサートのやう。
 
ウィーン・ニュー・イヤー・コンサートでも
「ラデツキー行進曲」でみんなで楽しく手を叩くように
手拍子する曲くらいはいくつかあります。
(昔はまったくなかったけど!)
 
他のアーティストのどんなコンサートでも、
お椅子があっても立ち上がるし、コールもすごい。
白熱!煽り煽られ体中で感じる音!それがライブ!!
普通で当たり前のことなのでしょう。
アリプロもフェスの時は同様に盛り上がりますが
でも単体コンサートはそうなりません。
なぜでせう。
私が静かにお聴きなさいオーラを
醸し出しているんでせうかしら…。
 
なので色々と制約の多いコロナ禍時代のコンサートでも
ALI PROJECTコンサート観覧形式は変わらないということ。
もちろんマスク着用、
注意事項を守っていただいてのご来場をお願いすることとなります。
今回、席は一列目はナシ、前後左右一席ずつ空けて、
入場数は定員数の半分以下です。
会場のZepp HANEDAはできたばかりで換気も万全。

政府より発表されている
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」や
行政機関からの指導を基に、会場側とも協議を重ね感染症対策を講じ、
ご来場のお客様・アーティスト・関係スタッフの安全を十分に考慮して
開催いたします。
 
「~ご来場されるお客さまへ~」
「~新型コロナウイルス感染予防対策~」
を必ず読んでお申し込みくださいね。
長いけれど、すべて重要なことです。
アーティスト、スタッフにもそれ以上の注意事項があります。
 
それでも不安を感じる方はご無理なさらぬよう。
今回は初の生配信もやりますよ。
 
メンバー紹介の時のミッキーコール、タカラノコールは
おなかのなかだけで叫ぶこと。
 
インガさんがどんなにおもろくても大笑いしないように。
あ、それは私だわね。
 
6月28日に加藤登紀子さんが
オーチャードでコンサートを行いました。
先陣を切って!
(渡辺剛くんがバイオリンで出演!)
各地でコンサートや劇場公演も再開し始めました。
新宿で問題になった所があったので(あの状況は論外としても)
さらに感染症対策事案は厳しくなりました。
どこもそれを踏まえての開催です。
 
今後の政府の出す指針に変更がある場合はそれに添うことになります。
もちろんその時には速やかにお知らせをいたします。
 

すべてのアーティストたちが
これまで以上に意義のある
コンサートが行えるようになりますように!!